作業ページD

NO IMAGE

【経理の平均年収】年収アップに役立つ3つの要素を解説!

N24_6_11
経理 年収

導入

### 【経理の平均年収】年収アップに役立つ3つの要素を解説!

経理の職務は企業の財務状況を管理・報告し、経営の健全性を支える重要な役割を果たしています。経理担当者としてのキャリアを考える上で、気になるのはその年収です。この記事では、経理の平均年収や他の職種との比較、そして年収アップに役立つ3つの要素を詳しく解説します。経理の経験がある方も、これから経理職を目指す方も、この記事を通じて自分のキャリアプランに役立つ情報を得ることができるでしょう。また、経理や管理部門のキャリアに関する役立つ情報が手に入る「Manegy」への登録もぜひご検討ください。これからのキャリア形成において、経理職の魅力と可能性を存分に活かしていきましょう。

経理の年収事情

### 経理の平均年収

経理の平均年収は、令和5年賃金構造基本統計調査によれば4,845,500円(484.6万円)となっています。これは、一般労働者の平均年収318.3万円と比較して高い水準にあります。また、Indeedのデータでは経理の平均年収が6,003,885円(600.4万円)とさらに高く、経理事務の平均年収432.8万円よりも優れています。これらのデータからもわかるように、経理職は他の管理部門、例えば人事総務(平均年収4,654,518円)や法務(平均年収6,039,070円)と比較しても高水準であることが確認できます。経理の年収が高い理由の一つとして、経理特有の専門性が挙げられます。企業の財務状況を管理・分析し、適切な報告を行うための高度な知識とスキルが求められるため、給与が他職種に比べて高く設定されているのです。このような専門性の高さが、経理職の魅力を一層引き立てています。

### 【年代別】経理の平均年収

経理職の年収は年齢と共に段階的に上昇する傾向があります。20~24歳の若手経理職の平均年収は3,150,300円(315.0万円)ですが、25~29歳では3,972,100円(397.2万円)と大幅に増加します。さらに30~34歳になると4,658,400円(465.8万円)、35~39歳では5,022,400円(502.2万円)と年収は着実に上昇し続けます。40~44歳で5,422,400円(542.2万円)、45~49歳で5,504,900円(550.5万円)とピークに達し、その後50~54歳で5,425,600円(542.6万円)、55~59歳で5,326,500円(532.7万円)と若干の減少は見られますが、高水準を維持します。このように、年齢と共に経験とスキルが蓄積され、責任のあるポジションに就くことで、年収が増加する傾向があります。経理職は長期的なキャリアプランを描きやすく、努力次第で収入が上がるため、やりがいを感じやすい職種です。

経理の転職した際のオファー年収

### 経理の平均オファー年収

経理の平均オファー年収は、2023年4月から2024年3月にかけてのMS Agent転職実績データによると536万円です。この数値は、前章で述べた賃金構造基本統計調査の経理の平均年収4,845,500円(484.6万円)とIndeedのデータによる経理の平均年収6,003,885円(600.4万円)の中間に位置しています。MS Agentのオファー年収がこのような水準になっている理由は、データが全て経理職に限定されており、ほとんどが正社員の年収であるためです。これに対し、賃金構造基本統計調査には会計事務所や非正規社員も含まれており、平均年収が低めに算出される傾向があります。しかし、オファー年収は初年度の年収であり、残業代を含まないため、既に勤務している方の現年収も加味したIndeedの年収よりは低くなることがあります。経理職は専門知識と実務スキルが求められる職種であり、その結果としてオファー年収は高水準となる傾向があります。

### 【年代別】経理の平均オファー年収

経理職の平均オファー年収は、年代とともに段階的に上昇する傾向があります。MS Agentのデータによれば、20代の平均オファー年収は408万円で、最も低い水準となっています。しかし、30代に入ると年収は大幅に増加し、40代や50代においてさらに上昇します。特に50代の平均オファー年収は726万円と高水準であり、この年代では課長や部長などの管理職(候補)として転職が決定することが多いため、平均年収が高くなっています。このデータは、経理職が年齢と共に経験とスキルを積み重ねることで、年収が上昇することを示しています。しかし、単に年齢が上がるだけではなく、年齢に応じたスキルや経験を積むことが重要です。経理職は高度な専門知識と実務能力が求められるため、継続的な学習と経験の蓄積がキャリアの進展と年収の向上に繋がります。60代以上になると年収は下降傾向にありますが、これは定年退職以降も含まれるためであり、現役での経理職としての価値は依然として高いことがわかります。

経理の年収を決める3つの要素

### 高度な経理(財務)業務をこなす実務能力

経理職において年収を決める重要な要素の一つは、高度な経理(財務)業務をこなす実務能力です。経理は、単に日々の取引を記録するだけでなく、税務申告、管理会計、資金調達、決算業務など多岐にわたる専門的な業務を行います。これらの業務をミスなく、効率的に進めるためには、深い知識と実務経験が求められます。例えば、税務においては、税法の知識だけでなく、その知識を実務に適用するスキルが重要です。特に、税理士や公認会計士といった難関資格を取得している場合、その専門性と実務能力が高く評価され、昇給や昇格の大きな要因となります。また、企業の財務戦略に関わることで、より高度な業務に従事する機会が増え、その結果として年収も上昇します。経理業務は企業の財務状況を管理・報告し、経営判断に重要なデータを提供する役割を担うため、正確で迅速な業務遂行能力が求められ、そのスキルが年収に直接反映されるのです。

### チームをまとめるマネジメントスキル

経理職の年収を決定するもう一つの重要な要素は、チームをまとめるマネジメントスキルです。経理部門の管理職には、単に経理業務を行うだけでなく、チーム全体を効率的に運営し、目標を達成するためのリーダーシップが求められます。課長職や部長職といった役職に就くことで、業務範囲は会計業務にとどまらず、決算書類の作成や新人育成、部門の業務分担・進捗管理など多岐にわたります。これにより、業務の幅が広がり、手当や昇給によって給与が大幅に上がる可能性があります。特に、経営戦略や事業戦略を理解し、部署として実現すべき目標や方針を定め、業務がミスなく円滑に進行するようにコントロールする能力が求められます。管理職は、各メンバーの作業進捗を把握し、関係性や優先順位を考慮してマネジメントする必要があります。また、メンバーへの教育や関係性の構築、さらにはミスやエラーを即座に発見・対応できる仕組み作りも重要です。このようなマネジメントスキルが備わっていることは、経理部門のパフォーマンスを高め、結果的に自身の年収アップにも繋がります。

### 企業規模や経理部門(管理部門)の評価

経理職の年収は、企業規模や経理部門(管理部門)の評価によっても大きく影響を受けます。一般的に、大企業やシェアの高い企業では、業績が安定しているため、従業員に対する給与も高くなる傾向があります。これは、企業の規模が大きいほど、財務の複雑性が増し、専門性の高い経理スキルが求められるためです。そのため、経理職として年収を上げるためには、業界内のシェアが大きい企業や、特定の分野で高い評価を受けている企業で働くことが一つの戦略となります。さらに、経理部門や管理部門全体の評価が高い企業では、部門自体の重要性が認識されており、給与体系も優遇されることが多いです。しかし、現在の職場での昇給が難しい場合、年収アップを目指すためには転職が必要となるケースもあります。特に、業界全体の給与水準が高いコンサルティング業界、製薬業界、金融業界などへの転職を検討することも有効です。外資系企業も高年収が期待できるため、キャリアアップの選択肢として考慮する価値があります。転職を通じて、自身のスキルや経験をより高く評価してくれる環境を見つけることで、年収アップを実現することが可能です。

高年収の経理求人にはある共通点が⁉

高年収の経理求人で求められる決算業務は、経理の中でも特に高度なスキルと実務経験を要するものです。決算業務とは、会社の経営状況や財務状況を正確に把握し、年間の全取引をまとめるために行われる重要な業務です。具体的には、毎月行われる月次決算、四半期ごとの四半期決算、そして年次の本決算などがあります。これらの中でも本決算業務は、納税額を確定させるために必須の業務であり、特に重要です。

高年収の経理求人においては、決算業務のスキルが特に重視されます。例えば、「年次決算(3年以上)」の経験は、高年収求人において約20%増加して求められています。年次決算では、年間の損益計算書、貸借対照表、キャッシュ・フロー計算書を作成します。特にキャッシュ・フロー計算書は、上場企業の場合必須となるため、その作成スキルが重要視されます。これにより、会社が1年間にどれだけ儲けたか、お金の流れがどのようにあったかを正確に把握し、適切な納税金額を算出します。

また、「上場企業経理」や「連結決算(国内)」の経験も高く評価されます。上場企業では、決算書類の作成において厳格な基準が求められるため、これらの経験がある経理担当者は即戦力として期待されます。連結決算では、複数の子会社や関連会社の財務情報を統合して報告するため、高度な分析能力と管理能力が求められます。さらに、「有価証券報告書(3年以上)」のスキルも重要です。これは、株主や投資家に対して企業の財務状況を開示するためのもので、法的な規定に従って作成する必要があります。

決算業務の流れとしては、まず決算残高を確定させます。すべての勘定科目(現金、預金、売掛金、買掛金、借入金、固定資産など)の残高を確認し、決算日時点での勘定科目の残高と実際の残高が一致しているかを確かめます。次に、確定した残高を基にして税金(消費税、法人税、法人住民税、法人事業税)を計算します。税金の計算は慎重に行う必要があり、誤りがあればペナルティが科される可能性があります。

最終的に、損益計算書、貸借対照表などの決算書を作成し、取締役会、監査役、会計監査人の承認を得て定時株主総会に提出します。これらの業務を正確かつ迅速に行うためには、深い専門知識と豊富な実務経験が不可欠です。また、高度な決算業務をこなすことで、企業に対する信頼を築き、結果として自身の年収アップにも繋がります。

総じて、高年収の経理求人では、決算業務に関するスキルと経験が重要な評価ポイントとなり、これらのスキルを持つ経理担当者は市場で高い需要があります。

まとめ

### まとめ:年収アップに役立つ3つの要素を解説!

経理職としてのキャリアを築き、年収アップを実現するためには、次の3つの要素が重要です。まず、高度な経理(財務)業務をこなす実務能力です。税務申告や管理会計、資金調達など、多岐にわたる専門的な業務を正確に遂行するスキルが評価され、結果として年収に反映されます。次に、チームをまとめるマネジメントスキルが求められます。管理職としてのリーダーシップやメンバーの業務進捗を把握し、円滑に業務を進行させる能力が年収アップに繋がります。そして、企業規模や経理部門(管理部門)の評価です。大企業やシェアの高い企業で働くことは、給与水準が高く、転職を通じて自分のスキルや経験をより高く評価してもらうことが可能です。特に高年収の求人では、決算業務のスキルや上場企業での経験が重視されるため、これらの経験を積むことで更なるキャリアアップが期待できます。

経理職は、企業の財務健全性を支える重要な役割を担っており、その専門性が高く評価される職種です。これからのキャリア形成において、これらの要素を意識し、スキルアップを図ることで、経理職としての市場価値を高め、年収アップを実現することができます。Manegyでは、経理や管理部門のキャリアに関する役立つ情報を提供しており、キャリアアップを目指す方々のサポートを行っています。今後のキャリアプランにおいて、ぜひManegyをご活用いただき、経理職としての成功を目指していきましょう。

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG